画像認識AIソリューション-nVision

  1. TOP
  2. 事業案内
  3. 画像認識AIソリューション-nVision

画像認識AI技術について

画像認識とは、コンピュータがデジタルな画像、または動画を認識することです。

最近、様々な分野でAIが活用され、中でも画像認識AI技術は飛躍的な発展を遂げています。

画像認識AI技術は、人間でいえば目に相当します。人が目で見て判断して作業を実施する業務の多くにこの技術を適用することで様々な効果が期待できます。

導入効果

また昨今、DX(Digital Transformation)が注目を浴びています。

本格化する「データの時代」、これからは今まで使えない、もしくは使うことを想定していなかったデータが活用できるようになります。

データとデジタル技術を利用して業務や組織に変革をもたらす手段として、画像認識AI技術をご活用頂けます。

日本電通グループだからできること

  • IBM PowerAI Vision

    開発生産性に優れたIBM PowerAI Visionのプラットフォーム採用。

    迅速かつ精度の高い顧客独自の画像・動画解析AIを提供します。

  • NDKグループの
    プログラムアセット

    NDKグループが開発したデータ分析や前処理を行うプログラムアセットを活用し、開発期間を短縮。迅速なサービス提供が可能です。

  • ワンストップ
    サービス

    これまでの業務システム導入経験・知見にもとづき、業務プロセスの分析から、開発した画像AIの業務システムへの組込みまでワンストップでサービスを提供します。

nVisionの画像認識機能例

  • 物体検出
    何がどこにあるのか

    最適化

    ボルトを学習させ、どこにあるかを検知する

  • 画像分類
    この画像はなにか

    最適化

    折り紙の鶴を作る13の工程を学習

    画像を分析して、その画像がどの工程のものか識別する

  • 動画内のアクション検出
    特定のシーンを検出

    最適化

    動画に映っているネクタイを、リアルタイムで検知する

画像認識AI技術の業務適用例

  • 製造への業務定期用例

    製造

    ・製造ラインの外検査工程

    ・設備の保全

    ・納入部品の仕分け

    ・従業員の安全管理

    ・侵入検知

  • 小売・流通への業務定期用例

    小売・流通

    ・待ち行列監視

    ・需要予測

    ・棚の状態監視

    ・危険物判定

    ・人的トラブルの監視

    ・不審者の監視

    ・駐車場監視

    ・来客カウント

  • 保育・介護への業務定期用例

    保育・介護

    ・寝返り回数のカウント

    ・徘徊の防止

    ・危険予測

  • 交通への業務定期用例

    交通

    ・車両の検出

    ・交通量の監視

    ・不審物の監視

ソリューションとサービスの内容

ソリューション提供形態

・NDKグループ開発環境でAI推論モデル作成します

・開発した推論モデルをお客様環境に配置し、業務システムへ組み込みます

 ※AI推論モデルを配置するお客様環境はオンプレミスでもクラウドでも可能です

サービス

・画像AI PoC・実装サービス PoC ¥3,000,000-(税抜)から

・本番運用時の画像AI再学習サービス

・業務改革支援・DXコンサルティングサービス
 業務プロセスの可視化・分析から、あるべき姿を実現するためのデジタルテクノロジーを活用した業務改革・DX実現のITロードマップ策定を支援

    1. 取組
      テーマ検討

      ↓

    • ・対象領域現状確認
    • ・取組みテーマ検討
    • ・検証内容検討
    1. Pre PoC
      実施

      ↓

    • ・画像/動画取得環境(現状)の確認
    • ・対象の画像/動画サンプルを提供いただき、弊社にて適用モデルの妥当性を検証
    1. 有償PoC
      実施

      ↓

    • ・実データがAIで利用可能な状況にあるかのチェック
    • ・AI解析目標を達成するためのアルゴリズム検討
    • ・AI予測精度の確認
    1. AI
      実装

      ↓

    • ・1拠点に推論モデルをエクスポートして、業務システムへ実装
    • ・画像/動画データ蓄積
    • ・モデル修正タイミング確認
    1. 業務システム
      への組込み

    • ・全拠点に推論モデルをエクスポートして、業務システムへ実装
    • ・原稿業務システムとの自動連係
    • ・運用監視システムの構築
    • ・推論モデルの世代管理
pagetop