セルフ式検温&ラベルシール発行システム『TEMPOK』

  1. TOP
  2. 事業案内
  3. ITによる業務改革支援コンテンツ一覧
  4. セルフ式検温&ラベルシール発行システム『TEMPOK』

セルフ式検温 + シールラベル発行システム『TEMPOK』

(テンポック:TEMPERATURE OK)検温の無人化対応と見える化を実現します。

新型コロナウィルス感染防止の入口対策に

  • セルフ式検温 + シールラベル発行システム『TEMPOK』ラベルプリンターイメージ

    1. 検温の無人化対応

    感染経由の1つは、"人との接触"。検温は、検温スタッフとお客様が接近して行います。TEMPOKは、AIが自動で検温。検温時の人との接触を抑えて、不安を取り除きます。コスト削減につながることも。

    2.検温実施の見える化

    検温結果はその場限りのもの。だからこそ、不安になることも。「この人きちんと検温したのかな。」「また検温するの?」
    TEMPOKは、ラベルシールで検温実施を見える化。ラベルを衣服に貼り付けることで、安心感を与えます。

    3.様々な施設や店舗で活用

    規制緩和が進み、人足は少しずつ戻り始めています。しかし、コロナウィルスは依然として蔓延。Withコロナの中でも、スタッフの皆さん・お客様に安心して過ごしてもらいたい。TEMPOKは、不特定多数の来場者にも対応可能。様々な店舗や施設で活用できます。

セルフ式検温 + シールラベル発行システム『TEMPOK』 使用の流れ

  • セルフ式検温 + シールラベル発行システム『TEMPOK』体温検知タブレットイメージ

    1. 熱感知タブレットに顔を近づけます。マスク着用のままでもOKです。

    2. 約1秒で計測値を測定します。

    【正常体温の場合】

    "ピンポーン"とお知らせします。
    「検温OK」シールが台紙から剥離され、出力されます。
    シールには日付と時間が印字されています。(初期設定)
    シールを衣服の上から貼ることで検温実施の可視化を実現します。

    【設定温度以上の場合】

    注意音とともに、「注意」画面表示します。
    この場合、シールは発行されません。

日本電通でも活躍中!

日本電通株式会社では、在宅勤務を基本とした業務が行われておりますが、出社の際は、ラベルプリンターで印字されるラベルシールを社員証や衣服などに貼りつけて、社員の安心安全な職場環境を提供しております。

約1秒でセルフ検温、ラベルシールを即発行してよく見るところに貼ります。

セルフ式検温 + シールラベル発行システム『TEMPOK』ロゴ 製品仕様

  • セルフ式検温 + シールラベル発行システム『TEMPOK』体温検知タブレットイメージ

    タブレット

    製造元: MeiG Smart Technology Co.,Ltd.

    URL: https://en.meigsmart.com

    本社:中国広東省深セン

    <ご参考>米国国防権限法2019 Section 889

    対象5社

    ・Huawei  (通信機器&サービス)

    ・ZTE  (通信機器&サービス)

    ・Hytera Communications Corporation

    ・Hangzhou Hikvision Digital Technology Company

    ・Dahua Technology Company

体温検知タブレット
ディスプレイ7インチディスプレイ
誤差± 0.3度
検知距離0.5~1.0m
温度検知時間1秒以内
電源DC 12V/2A
  • セルフ式検温 + シールラベル発行システム『TEMPOK』体温検知タブレットイメージ

    ラベルプリンター

    製造元: ブラザー工業株式会社

ラベルプリンタ部
印刷方法感熱方式
印刷ヘッド(解像度)± 0.3度
印字速度最高152mm/秒
電流AC100-240V
周波数50/60 Hz
電源AC100-240V 50/60Hz 2A
pagetop