【HCI】Nutanixの魅力

  1. TOP
  2. 事業案内
  3. コンテンツ記事一覧
  4. 【HCI】Nutanixの魅力

本日は、インフラ環境(仮想環境)の主流となっているHCI(ハイパーコンバージドインフラストラクチャー)について、従来の三層構造(3Tier型)の課題とその解決方法をお伝えします。

また、テレワーク環境構築としてもHCIを活用いただいた弊社のお客様事例もご紹介いたします。

インフラ・サーバ運用における課題から考える、HCIの魅力

日本電通は主に、中堅・中小企業のお客様のITに関するご支援をさせていただいておりますが、そのお客様の8割ほどで仮想化がなされており、仮想化は一般的なものであると言えます。

しかしながら、現実は、下記のような課題をお持ちのご担当者様、企業様が多い

・現在運用している仮想化は、サーバ、ネットワーク(SAN)、ストレージという3層構造で、障害の切り分けや拡張作業などに複雑さを感じている。

・それぞれのサーバなどの導入時期や保守更新時期が異なるため、システム運用管理に限界を感じている。

・データセンターのラックが増え、管理が行き届かない、また、属人化している。

・TCO(システム構築の際にかかるハード・ソフトの導入費用から、運用後の維持費・管理費・人件費など全てを含む、システムの総所有コスト)削減したい。

・サーバのリプレース費用に莫大なコストをかけている。

・今後、プロジェクトやサービスの立ち上げによる、スピード感のある、柔軟性の高いインフラの確立が必要。

ビジネスに直接的な価値を見出さないインフラの運用ばかりに時間、費用、労力を費やすことなく、企業の競争力向上のため、これらの課題を解決するために、インフラ環境の主流であるHCI(ハイパーコンバージドインフラストラクチャー)を推奨します。

HCI(ハイパーコンバージドインフラストラクチャー)とは?

小規模なシステムでも利用したい、容易に拡張したい、運用負荷を軽減したい

従来の仮想化技術は、そのほとんどがサーバー、SANスイッチ、ストレージの3Tier型(3層構造)で構成されており、上記に記した課題を抱えている企業様は少なくありません。

そこで2009年頃に、小規模なシステムでも利用したい、容易に拡張したい、運用負荷を軽減したいというニーズを取り入れ登場したのが、ハイパーコンバージドインフラです。ハイパーコンバージドインフラに内蔵されたサーバやストレージは、筐体を追加することで容易なスケールアウトが可能で、柔軟な環境を最小の労力で構成できる。

日本電通ではHCIなら従来の3Tier型よりも、設計・構築・運用管理がカンタンな『Nutanix』という製品をオススメしております。以下では、なぜNutanixを選択するのか、Nutanixのメリット、についてご説明いたします。

なぜNutanixを選択するのか。

Nutanix Inc. (本社: 米国カリフォルニア州、以下Nutanix) は、IT分野の調査やコンサルを行う業界世界最大規模のGartner(以下、ガートナー)社が2019年11月に公開した「Magic Quadrant for Hyperconverged Infrastructure」 (ハイパーコンバージドインフラストラクチャー分野のマジック・クアドラント) で、「リーダー」に位置づけられたことを発表しました。Nutanixはこれまで公開された同レポートのすべてにおいて、3回連続のリーダーに選ばれたことになります。

参考記事:https://www.nutanix.com/jp/go/gartner-magic-quadrant-for-hyperconverged-systems

日本電通でのNutanix導入実績

日本電通の2019年度Nutanix導入実績は、大変有難いことに、昨年対比500%にも上り、人気の製品であることが分かります。

仮想環境として主流になっているHCI。また世界のリーダーとして位置づけられた『Nutanix』を導入した、大阪シーリング印刷株式会社様の「HCIで処理性能の向上と安定稼働を実現した」事例を以下よりダウンロードいただけますので是非ご覧ください。

Nutanixが仮想化インフラにもたらすメリット

冒頭にも記載した通り、Nutanixが仮想化にもたらすメリットは非常に多くあります。また、お客様が現在抱えている課題となる、運用管理のシンプル化、インフラの容易性と柔軟性の向上、リソースの拡張性、トータルコストの削減など、全ての解決を実現できます。

  • 設計・構築・運用管理が簡単に

    ・サーバー・ストレージを一体化し、相性問題を解消

    ・ボトルネックや制限のない拡張性

    ・統一プラットフォーム(PRISM)に依る一元管理

  • 利用は届いてすぐに

    ・基本設定済みの状態でお届け

    ・箱から出して最短数十分で導入完了

    ・オールインワン

  • ストレージ性能のお悩み解消

    ・最小構成(3ノード)でも数万IOPS(SAS HDDの数百倍)

    ・サーバー・ストレージの相性問題

    ・バックアップの問題

  • 投資の効率とタイミングを最適化

    ・ストレージ排除によるラック削減(省スペース化)

    ・集約度の高いサーバを採用

    ・保守期限満了時の一斉更改が不要

  • 製品構成の柔軟な選択肢

    ・ハイパーバイザーの選択(Nutanix AHV/Vmware/Hyper-V/Citrix XenServer)

    ・プラットフォームの選択(Nutanix/Dell/Lenovo//HPE/IBM PowerSystems)

Nutanix(HCI)vs 三層仮想化構成 比較

下記の利点の他にも、電力や空調、ラックスペース、ネットワークやソフトウェアのコスト削減にも寄与できる製品がNutanix環境になります。

  Nutanixサーバー (HCI構成) 三層仮想化構成
特徴

仮想化基盤とストレージ機能が1つの筐体に統合されたシンプルな構成

従来の設計思想に基づき、専用のストレージとして利用する形態
容易性 専用の共有ストレージや、高価で複雑なSANスイッチ等が不要でHCIの技術習得だけで運用できる。 サーバやストレージの機能を学習するなど、複数の技術の取得が必要となる。
拡張性

・将来的な入れ替えや、増設・拡張が容易。

・仮想マシンが増えた場合等、ノードを足すだけで簡単に拡張が可能

・サーバを増強した場合にもパフォーマンスの劣化は無い。

・将来的な入れ替え、増設・拡張はやや複雑

・サーバを増強した場合に、ストレージがボトルネックになる場合がある。

保守性
運用・管理
シンプルな構成、直観的なGUIで操作が可能

・GUIで操作可能だが、やや専門知識が必要

・複数の管理ツールが必要

『Nutanix』で最適な仮想デスクトップ(VDI)環境を構築

企業の『働き方改革』推進に伴い、場所を問わずに仕事が出来る環境「テレワーク」を検討される企業が増加しており、日本電通はVDI環境の最適なプラットフォームとしても、『Nutanix』を推奨しております。

VDIのインフラに求められる特性

・スモールスタートと拡張性の容易さ

・高負荷に耐えられるI/O性能<

・データローカリティ
 データをゲストVMと同じノード上にオンデマンドで片寄せ

・データ階層化
 アクセス頻度やI/Oの特性に応じて、SSDとHDDに自動振り分け

Vmware Horizon / Citrix Cloudを利用したVDI環境など、日本電通株式会社で提案可能なソリューションがありますので、お気軽に下記までお問い合わせください。

【新型コロナウィルス対策】
テレワークを実現する選択肢の一つとしてVDI環境構築

新型コロナウイルス感染症の感染防止対策として、子を持つ親の働き方の選択肢、事業継続のための選択肢として、在宅勤務を実現するために、整えておきたい環境の1つが、VDI(デスクトップ仮想化)環境です。

VDI(デスクトップ仮想化)環境は、テレワーク利用の実現による働き方改革を大きく前進させることはもちろん、情報漏洩対策やコスト削減、事業継続(BCP対策)にも貢献します。

日本電通より導入させていただきました大阪シーリング印刷様のVDI環境採用事例もございますので、下記ボタンよりダウンロードいただきご参考になりましたら幸いにございます。

当ページ・製品に関するお問い合わせ

担当窓口:ITソリューションズ事業部(担当:すが)
電話番号:06-6577-4191
メール連絡:itsol_1@ndknet.co.jp

pagetop