脱EXCEL!kintone活用で強い現場を作る

  1. TOP
  2. 事業案内
  3. コンテンツ記事一覧
  4. 脱EXCEL!kintone活用で強い現場を作る
奉行Edge 総務人事電子化クラウド

昨今の変化の激しい市場環境においては、よりスピーディな業務改善や意思決定が求められます。またテレワーク推奨により、これまで以上にIT投資・IT活用が必須となってきました。

日々変化するビジネス環境に対応するため、これまでのトップダウンの改革はもちろんのこと、これからは現場主体且つ、短い期間でPDCAサイクルを回せる環境が益々必要となります。

現場が必要とするITシステムを、現場主導で素早く実現するためのソリューション を日本電通では「現場力向上ソリューション」と位置づけています。

セミナー情報

「現場力向上」を強力にサポートする kintone

kintone はサイボウズ社が提供するクラウドサービスで、約15,000社(2020年8月時点)の導入実績を持つ「業務アプリケーション構築プラットフォーム」です。

「誰でも簡単・短期間」で仕組み作り

例えばクレーム管理や案件管理、顧客リストなど、業務に必要なアプリを誰でも簡単に、そして短期間で作成することができ、スムーズな情報共有を可能にします。

この「誰でも簡単・短期間」が大きなポイントで、個人のスキルに依存することなく(情報システム部門の方でなくても)、直観的に業務アプリを製作できます。

「作ったら現場にリリース」→「現場で運用してみる」→「使いづらいところは現場ですぐ直す」→「再リリース」この現場主体の運用と、スピーディなサイクルが強い現場を作る鍵になります。実際に、日本電通グループでもこのサイクルでアプリ運用を行っています。

現場主体の運用に切り替えることにより、現場における問題発見・解決能力の向上につながり、ひいては生産性を上げるきっかけとなり結果「働き方改革」の推進へと繋がっていくと日本電通は考えます。

kintoneロゴ各部門に必要な現場用アプリを作成できます

業務・業種・利用シーンに合わせた現場用アプリが用意されており、アプリをカンタンに作成できることがkintoneの特長の1つでもあります。

この「カンタンにアプリを作成できる」ことが、高度な知識を不要にし、短期間で生産性を向上するポイントとなります。

各部門に必要な現場用アプリを製作できます

kintoneロゴkintone業務アプリによるプロセス向上の具体例

脱EXCEL!年賀状・挨拶状の送付先リストの作成 → 更新 までのプロセスを効率化

kintone導入前は、Excelとメールを利用しての運用で、回答待ち、集計フォームへの転記で担当者は負担に感じていました。

部門別 現場用アプリ例

kintoneを導入後は、担当者からアプリに回答を入力してもらい、集計もアプリの機能で完結するので、あっという間に作業が完了します。

脱Excel、脱属人化、一元管理による仕事の見える化、作業の効率化・省略化と、導入効果が目に見えました。

kintone業務アプリによるプロセス向上の具体例

kintoneロゴ業務アプリの作成方法は3つ!

kintoneのアプリの作り方は3つあります。
作りたいアプリに応じて最適な作成方法が選択できます。

  • kintoneアプリ作成方法1:既存のExcelファイルを読み込む

     作成方法1既存のExcelファイルを読み込む

    利用中のExcelファイルをそのままアプリ化します。

    アプリ制作の時短に効果的です。

  • kintoneアプリ作成方法2:サンプルアプリを利用する

     作成方法2サンプルアプリを利用する

    100種類以上のすぐ利用できるサンプルが完備されています。

    そのまま使っても自社用にカスタマイズして利用してもOK!

  • kintoneアプリ作成方法3:ドラッグ&ドロップで自由に作る

     作成方法3ドラッグ&ドロップで自由に作る

    ほぼドラッグ&ドロップ操作のみ

    ノンプログラミングでカンタンに設計できます。

kintoneロゴkintone 月額利用料 & 30日間無料お試し

kintone は、月額780円/1ユーザーというリーズナブルな価格も特長の一つとなっています。

※5ユーザーから契約可能

スタンダードコース月額 1,500円/1ユーザー(年額17,640円/1ユーザー)
ライトコース月額 780円/1ユーザー(年額9,170円/1ユーザー)

kintoneロゴ何から始めたらいい?そんな方にはkintoneアプリ支援メニュー

kintoneで簡単にアプリが作れるのはよく解った、効果もすごくありそう!でも何からはじめれば・・・?そんな声にお応えしてリリースした 日本電通の新サービス「kintoneアプリ支援メニュー」をご紹介します!

これまでの弊社の開発経験や自社利用で得たノウハウやポイントをお客様と共有し、業務効率化を促進して頂きたいとの思いでリリースしたサービスです。

まずは、お気軽に無償メニューからご検討ください。

kintoneアプリ支援メニューはこんな方におすすめ!

kintoneアプリ支援メニューは3種類!

  • まずはどんなものか見てみたい!

     Menu1kintone使用開始支援

    kintone使⽤開始⽅法の案内・・・無償版の登録や利⽤者登録など使⽤開始までの準備を説明させて頂きます。

    デモ・・・⽇本電通で活⽤しているアプリをご紹介します。

    ハンズオン・・・実際に操作し、アプリ作成を体験できる研修をご⽤意しています。

    その他、相談会などご要望に沿って対応いたします。(すでにご契約されている場合は、ご要望や課題を確認させて頂きます)

    kintoneアプリ作成方法1:既存のExcelファイルを読み込む

当ページ・製品に関するお問い合わせ

担当窓口:ITソリューションズ事業部(担当:すが)
電話番号:06-6577-4191
メール連絡:itsol_1@ndknet.co.jp

pagetop