Business Process Automation製品 BPA2

  1. TOP
  2. 事業案内
  3. Business Process Automation製品 BPA2
紙帳票業務 AIに任せてみませんか? 帳票仕分けからOCR・RPAまで BPA2 Business Process Automation - AI Document Processing

紙帳票業務の課題

FAXや紙帳票から最終的に業務システムへの入力を完了するには様々な作業を行います。 現在それらの作業の多くが人による作業が必要になるものとなっています。

近年、OCRやRPAの活用が注目されていますが、そもそもOCRが帳票設計通りに精度高く読み取るためには、人がどの取引先の帳票か、帳票の種類は何かを識別・仕分けしたうえでOCRを実行する必要があり、部分的に最適化を行っても業務全体を自動化・効率化することができないことが課題になっています。

BPA2導入前のヒトによる帳票仕分けから業務システムへの入力まで
  • 完全な自動化に向けた課題①
    ヒトの手による帳票仕分け

    取引先・帳票種類ごとのフォルダに帳票画像データを配置

    ヒトの手による帳票仕分けは、目検作業のためミスも発生し、時間がかかっていました。

  • 完全な自動化に向けた課題②
    手入力でデータ変換

    文字データ化

    業務システムへデータを取り込めるよう、文字をCSVやExcelにデータ化する作業を行っていました。

  • 完全な自動化に向けた課題③
    業務システムへ手入力

    データ変換後は、業務システムへの手入力を行っていました。

BPA2ソリューション導入による業務自動化の実現

AI画像認識技術を活用した「BPA(Business Process Automation)2」が人による紙帳票仕分け作業を自動化します。それに加え、検証済みのOCR、RPAソリューションと組み合わせることで紙帳票業務全体の完全自動化を実現します。

  • BPA2を活用して解決!

    画像AIが帳票を識別 取引先ごとの帳票を仕分け/配置

    お客様社内の複合機やスキャナーでデータ化した帳票画像をIVM Watson Visual RecognitionやMicrosoft Azure Custom Vision、Google Cloud VisionといったAI画像認識技術を利用して帳票を識別し、事前に定義された仕分けルールに従って帳票画像データをフォルダに自動配信します。

  • OCRを活用して解決!

    ヒトの目によるチェック

    組み合わせを検証済みの「AnyFormOCR(ハンモック社製品)」がBPA2で仕分け済の帳票データをOCR処理し、自動的にCSVデータとして出力します。

  • RPAを活用して解決!

    組み合わせを検証済みの「AutoMate(三和コムテック社製品)」や「UiPath(UiPath社製品)」を利用し、BPA2で仕分け後にOCRで処理したCSVファイルをRPAロボットが読み取り、業務システムへ自動的に入力処理を行います。

日本電通グループによるワンストップ統合ソリューションの実現

日本電通グループは「BPA2」の初期導入時におけるAIによる帳票画像の学習から、連携する各種ソリューション(OCR及びRPAなど)を組み合わせてお客様の紙帳票業務全体を自動化するための設計から構築、運用サポートまでをご提供いたします。

社内導入実績

請求書業務を約80%短縮!!人の作業量を9分から50秒に短縮化!!

購買部門における請求書からの仕入登録業務自動化の例

日本電通グループ会社の購買部門では「BPA2」「AnyForm OCR」「AutoMate」を組み合わせ業務利用を開始しました。請求書の入力業務を自動化した結果、従来は1つの請求書を処理するために9分かかっていた時間を1分50秒と約80%短縮すると共に、業務の中でのヒトの作業量を9分から50秒へ約90%の短縮を実現しました。今後は注文書からの受注入力等への活用も予定しています。

プラン費用

BPA2帳票自動仕分け 月額 ¥35,000-(税抜)から

※Microsoft Azure Custom Vision画像AIによる帳票識別5,000枚分/月、画像学習1,000枚/月、学習回数5回/月を含む

初期導入支援サービス費用 ¥300,000-(税抜)から

※BPA2プログラムの導入、10帳票までの画像AI学習・自動仕分け設定、操作レクチャーを含みます。
※連携するOCR製品、RPA製品のライセンス販売、およびBPA2と組み合わせた環境構築・技術支援サービスについては別途お見積りとなります。

pagetop