活用イメージ 1◆ワークフローシステムの決裁データの勘定奉行への受入れを効率化

  • ワークフローシステムの決裁データの勘定奉行への受入れを効率化
  •  ワークフローを導入したものの、経理部には紙の書類を出力して回付。経理部では紙の書類の取り扱いに加え、ワークフローシステムから出力された決裁データを勘定奉行に取り込むのに一苦労…。

     このままで良いのでしょうか?もっと、効率化する方法はないものでしょうか?

    活用イメージ 2◆注文データの商奉行への登録を効率化

  • 注文データの商奉行への登録を効率化
  •  営業担当者は日中、客先を訪問。毎日、営業活動の終了後に貴社し、商奉行にその日の注文を入力…。

     もっと、業務を効率化し、コストを下げる方法はないものでしょうか?

    活用イメージ 3◆全国の販売店からの注文受付をkintoneで電子発注システム(EOS)化

  • 全国の販売店からの注文受付をkintoneで電子発注システム(EOS)化
  •  商奉行を導入して、スピーディーかつ正確な業務になった!と喜んだのもつかの間。お客様からの注文受付はファックスやメールのままで手間とミスが目立つように…。

     お客様からの注文をミスなく受付ける方法はないものでしょうか?

    活用イメージ 4◆EDIデータの商奉行への受入れを効率化

  • EDIデータの商奉行への受入れを効率化
  •   取引先からのEDIデータの受け入れに手間はかかっていませんか?EDIのデータをパッケージシステムに受け入れようとするとデータ・レイアウトの変換がつきもの。しかし、変換用のプログラムを作ると、ちょっとした改修にも費用がかかってしまいます。

     年に数回ある改修にかかるコストを削減する方法はないものでしょうか?

    活用イメージ 5◆商奉行の支払データの決済サービスへの受入れを効率化

  • 商奉行の支払データの決済サービスへの受入れを効率化
  •   商奉行から出力される支払データを、決済サービスなどへの送信データに変換するのは大変気を使う作業です。

     データレイアウトの変換や、各種コード類の変換作業を自動化し、作業を大幅に効率化する方法はないものでしょうか?

    活用イメージ 6◆顧客からの入金伝票をkintoneに連携し、入金状況の確認とその対応を迅速化

  • 商奉行の支払データの決済サービスへの受入れを効率化
  •  顧客からの入金状況を週次で配布されるリストで確認しているため、入金済みのお客様に督促の連絡を入れてしまったり、逆に督促が漏れてしまったり…。

     顧客からの入金情報をより早く、よりスムーズに営業担当者と共有する方法はないものでしょうか?

    活用イメージ 7◆仕訳の粒度を詳細化し、工事単位でのデータ連携と管理を実現

  • 仕訳の粒度を詳細化し、工事単位でのデータ連携と管理を実現
  •  基幹システムから出力されるデータは数千件に上るため、伝票日付や勘定科目ごとに集約・集計した結果を会計システムに手入力。企業規模の拡大に伴い、基幹システムと会計システムのデータの整合性が十分に確保できていないことや、手入力していることによる時間のロス、入力ミスが無視できなくなりつつある…。

     数千件のデータを効率的に勘定奉行に取り込む方法はないものでしょうか?

    活用イメージ 8◆商奉行の顧客情報や取り引き履歴を有効活用

  • 商奉行の顧客情報や取り引き履歴を有効活用
  •  商奉行のデータが社内からしか参照できず、不便に感じたことはありませんか?例えば、近隣顧客を訪問しようにも、そもそも近隣顧客があるかどうかが分からなかったり、商談履歴や企業情報が参照できないと、訪問しづらかったりするものです。

     外出先からお客様の情報を参照し、効率的かつ積極的な営業活動を可能にする方法はないものでしょうか?

    活用イメージ 9◆Excelの経費精算伝票を勘定奉行に連携

  • Excelの経費精算伝票を勘定奉行に連携
  •  Excelはさまざまな形で利用されている非常に便利なツールです。例えば、さまざまな伝票を効率よく作成するために使われていたり、伝票の集計を取るのに使われていたり。しかし、勘定奉行に入力するところはこれまで通り人手で入力していて、作業効率は低いまま…。

     数多く届けられるExcelの伝票を効率的に勘定奉行に登録する方法はないものでしょうか?

    活用イメージ 10◆小口現金出納帳を kintone で電子化 勘定奉行への仕訳登録を効率化

  • 小口現金出納帳を kintone で電子化勘定奉行への仕訳登録を効率化
  •  営業所では小口現金出納帳を作成し、月末にまとめて仕訳伝票を起票。 しかし、仕訳伝票を登録する単位が営業所ごとに異なっていたり、摘要欄に入力する内容が統一されていなかったりすることから、 小口現金出納帳と仕訳伝票の整合性が十分に確保できていないことがあります。

     果たして、手間と時間をかけずに連携し、 業務を大幅に効率化する方法はないものでしょうか?

    活用イメージ 11◆Excelで作成した仕訳伝票を勘定奉行に連携

  • Excelで作成した仕訳伝票を勘定奉行に連携
  •  Excelはさまざまな形で利用されている非常に便利なツールです。 仕訳伝票の起票にあたり、事前に取り引きの経緯や仕訳の詳細を記載した資料をExcelで作成し、そのExcelを参照しつつ勘定奉行に仕訳を入力している…。

     日々、(特に決算期は大量に)作られるExcelの資料(仕訳伝票)を効率的に勘定奉行に登録する方法はないものでしょうか?

    活用イメージ 12◆旧システムからのデータ移行と移行後の業務改善に活用

  • 旧システムからのデータ移行と移行後の業務改善に活用
  •  勘定奉行の導入にあたり、現行の財務会計システムから勘定奉行へのデータ移行プログラムと、販売管理システムのデータを勘定奉行のデータへ変換するデータ変換プログラムの開発を検討中。しかし、データ移行プログラムはデータ移行時にしか利用しないことから、また、データ変換プログラムは(デメリットはあるものの、従来通り)人手で行うことも可能なことから、投資を躊躇っている…。

     データ移行にも、システム移行後の業務改善にも役立つツールはないものでしょうか?

    活用イメージ集◆上記の活用イメージを全て網羅したPDFファイルを公開!

  • 活用イメージ集
  •  一つでも当てはまる業務があれば、業務改善の余地があります。是非ご覧ください。

各種製品のお問い合わせ・資料請求はこちら

ページトップ