日本電通株式会社

ホーム > ICTソリューション事業 > 簡易型CTIパッケージ Tele-PoPuP

簡易型CTIパッケージ Tele-PoPuP/ Cti solution

サービス概要

TELe-PoPuPは、簡易なCTIパッケージソフトなので、「早急にCTIシステムを導入したい」、「既存業務と兼務して受付業務を行いたい」等、既存システムと連携してCTIシステムを 安価に導入したいお客様に有効な商品です。
新規の交換機等を設置する必要が無く、本商品に付属するポップアップアダプターを既存の電話設備に接続するだけで、CTIシステムを実現。IBM社製のeServer iSeries(OS400)、AS/400とデータ連携することが可能です。

既存システムにCTI機能を連携

  • 既存システムとの連携
  • 既存の交換機をそのまま活用できる
  • お客様情報の迅速なポップアップ
  • 複数電話番号によるヒット率アップ
  • 安価で短期導入が可能なパッケージソフト

パッケージの構成

主な機能

  • 応答ポップアップ機能
    お客様からの電話に応答すると同時に、お客様情報をただちにパソコン画面に表示します。お客様一人ひとりの特性を把握したうえで適切なコミュニケーションを行なう事ができます。
  • 対応履歴登録機能
    お客様のご用件(受注/問合せ/クレーム)、またそのステータス(コールバックの必要性の有無/処理が完了したか否か)等、お客様との対応履歴を登録及び照会できます。
  • 複数電話番号機能
    一軒のお客様に対して複数個の電話番号の登録が可能です。複数の電話番号をお持ちのお客様でも、全ての実番号を登録する事により、スクリーンポップアップのヒット率が向上します。
  • 既存システムとのリンク
    A応答ポップアップされたお客様基本情報のお客様コード(取引先コード)を、 既存システムの指定された画面の指定されたフィールドに転送いたします。

業務フロー

テレポップアップの業務フロー

  1. お客様から電話をいただく。
  2. お客様のナンバーディスプレイ情報をポップアップアダプターが受信し、ゲートウェイ機能用PCに送信する。
  3. ゲートウェイ機能用PCは、ナンバーディスプレイ情報を全電話対応用PCに通知する。電話応対用PCは局線状態一覧を更新する。
  4. 電話応対者は局線状態一覧から任意のお客様を選択すると共に、多機能電話機の局線ボタンを押し、通話を開始する。
  5. 電話応対用PCには、さらに詳しいお客様情報や対応履歴情報が表示される。これにより電話応対者は適切なお客様への接客が可能となる。
  6. オペレーターは、お客様との会話を終了すると、電話を置き対応履歴の登録を行なう。

※このページ内に記載された社名および商品名は各社の登録商標です。

お問い合わせ
Contact
お問い合わせ/資料請求