• 勤怠管理システム導入のススメ
  • 日本電通は、経済産業省により 情報処理支援機関「スマートSMEサポーター」に認定されています。

ホーム > ITソリューションズグループ > コンテンツ-補助金/助成金- > 経済産業省認定「SMEサポーター制度」

スマートSMEサポーター制度とは?

中小企業の生産性を高めるためのITツールを提供するITベンダー等を「情報処理支援機関」として認定する制度のことです。

ITツールを導入したい中小企業は「どんなITツールをどんな企業に依頼すればいいかわからない」といった悩みを抱えている企業が多いと考えられています。そういったお悩みをもつ中小企業が、認定を受けたITツールや認定を受けているITベンダーの情報を見ながら依頼先を選定することができるようになりました。また「スマートSMEサポーターに求められること」が明確となっているため、中小企業者等にとっては安心してITツールやITベンダーの選定を行うことができ、選定時のひとつの指針となります。

スマートSMEサポーターが中小企業のIT導入時の課題を解決

人手不足の課題が顕著となる中小企業者等では生産性向上が求められる中、中小企業者等の生産性向上・経営基盤強化のために、2018年7月9日に「中小企業等経営強化法」の一部改正が施行されました。

一方で、中小企業者等は「どのITツールが自社に適しているのか」「安全に利用できるITツールはどれか」など、商工団体や士業などといった中小企業支援機関を相談窓口としており、安心できるITベンダー、安心できるITツールを一覧で見ることも、自社で探すことも困難な状況でした。

「スマートSMEサポーター」制度は、中小企業者等がITベンダーやITツールを選定する際に必要な情報を取得でき、中小企業者等に寄り添った制度となっているのです。

中小企業のIT導入の課題

「情報処理支援機関(スマートSMEサポーター)」として認定された日本電通が中小企業の課題を解決!

スマートSMEサポーターに求められること

  • 1.IT及びITツールに関する専門的な知識・経験・実績を有していること

    情報処理支援機関の認定に申請する者は、3年以上のソフトウェア又はクラウドサービスの提供実績、または10者以上の中小企業への提供実績を有していること。

  • 2.生産性向上を行おうとする中小企業者等に対しIT利活用に係る指導及び助言が行えること

  • 3.⻑期間にわたり継続的に⽀援業務を実施するための実施体制を有すること

  • 4.広く中⼩企業者等に対して、情報開⽰を⾏うことに同意できること

    申請時に取得する情報(事務所の所在地、情報処理支援業務の内容等)はホームページ等で公表されるとともに、第三者により当該情報が二次利用される場合があることの同意

  • など

スマートSMEに認定された日本電通のITツール

ソリューション名

ITツール概要

建設業工事原価管理システム
シーツーエグゼキュート

建設業工事原価管理システム:シーツーエグゼキュート

「シーツーエグゼキュート」は、OBC社の勘定奉行【建設業編】/【個別原価管理編】との双方向の連携、シームレスな運用をご提供します。他社製品に多いCSV連携などの非効率な運用全廃を実現しています。

月次決算業務の早期化/経営判断のスピード化/リアルタイムな原価管理/管理コストの削減/問題工事の早期把握をコンセプトに、上場企業を含む建設業様へ累計導入企業数約150社の導入実績と、年間工事件数 3,000 件/年 以上、年間伝票件数 約 6 万件、約 40 万行の対応にも実績があります。

弊社の得意分野でもありますIBM i(AS/400)のお客様も多く、システム間の様々な課題を解決できます。

AIチャットボット
CB1

AIチャットボット:CB1

問合せ業務を中心に社内外での業務に活用いただける 1問1答形式チャットボットです。

主に情報システム部門への問合せ、社外からの問合せにご利用いただいております。特許取得済み回答精度可視化ツールを中心としたチューニング支援ツール、専門家によるチューニング支援サービスもご用意しています。

人事・総務部門向けAIチャットボット
CB4-人事・総務

人事総務部向けAIチャットボット:CB4-人事・総務

学習済みデータ・テンプレートを予め搭載した人事・総務問合せ用チャットボットシステムです。日本電通グループ会社で実績のあるテンプレートを搭載しているため、最短2週間での導入を実現し、システム準備期間にかかるお客様の時間・手間を大幅に削減しています。

  • 話し言葉による質問の意図を判別し、1問1答方式での質問受付・自動回答。
  • 特長1:自社規定にあわせて回答文を修正するだけで短期間で利用開始!
  • 特長2: 問合せ回答の時短・手間削減を実現!

電話自動応対連携可能なAIチャットボット
CB4-IVR

電話自動応対連携AIチャットボット:CB4-IVR

IVR製品と連携して音声による電話窓口の自動化を実現するチャットボットシステムです。オペレータの対応が難しい休日、夜間帯などの問合せ自動応対に活用いただけます。

  • 話し言葉による質問の意図を判別し、1問1答方式での質問受付・自動回答。
  • 特長1:音声⇒テキスト⇒音声に変換して回答!
  • 特長2:問合せ記録の履歴を残せる!

RPA管理ソリューション
BPA1

RPA管理ソリューション:BPA1

管理者不在のRPAロボットの増加を防ぎ、内部統制の視点からロボットの適切な導入計画・稼働管理を支援します。RPAが普及する一方で課題となるRPAのブラックボックス化。RPAのブラックボックス化を招く3大原因を作らないために、ロボット導入起案から稼働、変更、廃棄までの管理と、ロボットの稼働状況管理、更には業務フローの可視化が大切です。無秩序なロボットの増殖をITツールによって防ぎます。

  • RPAのブラックボックス化を招く3大原因
  • ①属人化によるロボットのブラックボックス化「いつ何が動くのか作成者のみ知る状態」
  • ②業務のブラックボックス化「誰も知らない業務がロボットのおかげで回っている状態」
  • ③運用体制の未整備「正体不明ロボットが複数部署に複数存在する状態」

AI画像認識技術を活用した帳票自動仕分けからOCR・RPAの連動による 帳票入力作業までを完全自動化する
BPA2

AI+OCR+RPAで帳票仕分け作業を実現した:BPA2

社内業務のペーパーレス化は進んでいるものの、取引先との受発注や請求などの事務手続きには、依然として多くのFAXや紙帳票が使われています。昨今の働き方改革を背景に、多くの企業では紙を使用した業務をいかに効率化できるかが、生産性向上の課題のひとつとなっています。

ヒトによる帳票識別をAIによる画像認識に置換えることで、OCR前工程である「帳票仕分け作業」を自動化した製品です。「BPA2」とOCR製品およびRPA製品を組み合わせることにより、帳票の読み取り作業から業務システムへの入力作業まで一貫した作業の自動化が行えます。これによって働き方改革で真に求められる業務効率化・生産性向上に貢献します。

日本電通とは

日本電通は、システムインテグレータ集団として、数十年培った技術力・提案力を活かし、お客様に最適なサービスのご提案を行います。また、様々な旬のソリューションも取り扱い、ビジネスにおける課題・テーマに合わせたソリューションをご紹介できることも強みの一つと自負しております。

またITツールの導入に限らず、基幹系システムや業務系システムの基盤となるITインフラを、お客様にとって最適な構成でご提供いたします。

最新技術、先端技術と業務ノウハウを駆使して、お客様の経営課題・IT課題を、お客様と一緒に解決していきます。 数多くのお客様のビジネスをご支援させていただいた実績のある日本電通まで是非ご相談くださいませ。

当ページ・製品に関するお問い合わせ

  • 担当窓口:ITソリューションズ事業部(担当:すが)
  • 電話番号:06-6577-4191
  • メール連絡:itsol_1@ndknet.co.jp
ページトップ