働き方改革を加速する、進化したOCR

データ入力現場の課題 紙の管理は煩雑で非効率、情報漏洩リスクも散在しています

受注業務や支払業務をFAXや紙帳票で運用されている企業は少なくありません。もしくは電子化は進んでいるけれども、1部分どうしても紙帳票が残ってしまう、、という企業もおありのことでしょう。

紙ベースの運用は属人化せざるを得ず、業務負担やミスによる非効率が否めません。
紙帳票の運用がやめられないなら、OCR技術に代表される「紙帳票の電子データ化」が解決策のひとつとして挙げられます。

FAX受注の解決事例

昔からあるOCR技術、いまいち普及しないのはナゼ?

OCRとはOptical Character Readerの略語で、光学式文字読取装置のことです。人間がデータを入力(キーパンチ、キーイン)するかわりに、OCRによって文字(データ)を自動的に読み取りコンピュータに読み取った結果を渡す装置のことをさします。

昔はハードウェアの装置のみでしたが、現在ではソフトウェアでその機能を実現することが多くなってきました。取引先から送られてきた請求書や注文書などのデータをOCRで読み取って手入力を省力、、、

本来とても便利な技術のはずなのに、いまいち普及しないのは何故なのでしょう??

OCRが普及しない理由

こういう図式だったのではないでしょうか?

この先IT技術が進んでもオフィスから「紙の書類」は無くならず、ある程度は残ることが予想されます。

昨今は「労働者人口の減少に対する対応策」や「働き方改革の推進」が叫ばれており、まずオフィスの定例的な事務作業からOCRやRPAツールを活用して省力化・効率化へ繋げていきたいところです。

OCRが再注目されています/「読めない・使えない」のイメージをくつがえす 進化したOCR

「労働者人口の減少に対する対応策」「働き方改革の推進」を実現するひとつの解決策として「RPAツールの導入」を企業各社が積極的に取り組み始めています。

それと同様に、OCR技術やEAIツール等の昔からある技術も「業務の自動化を実現するツール」として再び注目を集めています。

しかし前述のような「読めない・使えない・コスト大」の課題点を抱えたままなら導入の効果は大きく見込めません。

そこで、、、

  • 従来の課題を解決し、業務での利用範囲を広げるOCRソフト
  • OCRの業務活用イメージ

「OCR + RPAツール」で更なる相乗効果を生み出します

RPAのデータエントリー部分に「AnyFormOCR」を活用することにより、自動化効果を促進します。

「OCR + RPAツール」で更なる相乗効果を生み出します

♦「OCR」+「RPA」のシステム連携イメージは下記動画をご覧ください。↓

※ 動画では基幹システムの連携にIBM i(AS/400)を使用しておりますが、同システムに限定するものではありません。

メールマガジン登録

メールマガジン登録

メールマガジンを登録いただく際、「個人情報保護方針」を読んで同意される場合のみ、「同意して登録する」ボタンを押し、登録へお進みください。

個人情報保護方針はこちら

メルマガ登録
お問い合わせ

当ページ・製品に関するお問い合わせ

  • 担当窓口:ITソリューションズ事業部(担当:すが)
  • 電話番号:06-6577-4191
  • メール連絡:itsol_1@ndknet.co.jp
ページトップ