もうひとつの自動化~EAIツールをご存知ですか?~

ホーム > ICTソリューション事業 > コンテンツ > 業務の自動化 > もうひとつの自動化

近い将来、日本企業が迎えるであろう人手不足の時代。日本の人口は2050年には1億192万人まで減少し、それ以降は1億人を切ると予想されています。

そこで労働力の代替として注目されているのが、作業の自動化を再現できるRPAツールなのです。しかし、そのRPAツール、実は「得意な作業」と「不得意な作業」があり、またRPAの「不得意な作業」を埋めることができる別のツールがあることをご存知でしたか?

2つのツールを使って更なる業務の自動化を図っていただきたいと考えております。是非、最後までお付き合いいただけますようお願い申し上げます。

最大50万円の補助金を受け取ってRPAツール、EAIツールを導入するチャンス!

日本電通は、平成29年度補正 サービス等生産性向上IT導入支援事業(IT導入補助金)の「IT導入支援事業者」として採択され、一次公募ではERPやRPAツールの申請を行い、100%の採択率となりました!。

この機会に、是非、IT導入補助金を活用して、業務の自動化、生産性向上を図りませんか?

次回、三次公募は11月19日(月)が申請期限となります。詳しくは下記ボタンより、お気軽にご相談ください。

※申請が受理されれば、上限50万円の補助金がお受け取りいただけますが、今回ご紹介する「DataSpiderServista」や「Tsunagu for 奉行」のようなEAIツールは、ソフトウェアパッケージ/クラウドとのセットの申請が必要となります。

⇒ IT導入補助金特設サイトはこちら

ビジネストレンドセミナー2018 Summer in 大阪に登壇します!

オービックオフィスオートメーション主催セミナーへの登壇が決定しました!

本ページをご覧いただき、更にRPAやEAIについて詳しく知りたい!と思っていただけた方は、是非セミナーへお申込みください。A-③【トレンドセミナー】にて自動化ツールのメリットと検討ポイントを詳説いたします!

追加公演が決定するほどの人気セミナーとなりますので、早めのお申し込みをお願いいたします。

  • ビジネストレンドセミナーへのお申込みは終了しました。

もうひとつの自動化 - EAIツールをご存知ですか?

EAIツールは、データ処理に注目した自動化ツールです。一般的なRPAツールとは異なり、画面の操作を対象としないため、より簡単に設定し、より高速に、より大容量のデータを、より安定して処理することができます。EAIツールはそれ単体で、または画面操作が得意なRPAツールと組み合わせることで、労働時間の削減と生産性の向上、運用コストの低減を実現できます。

例)RPAツールとEAIツールの得意な作業

RPA ツール

得意な作業

EAI ツール

データの検索・抽出

システム入力

×

定型的な受付業務

×

×

チェック・判断

×

計算・分配

EAIツールとは

  • つくらずにつなぐ

    つくらずに「つなぐ」

    システムごとのデータ連携作業も専門的な技術や知識も必要なし!ドラッグ&ドロップで各システムを連携可能

  • 豊富な接続先

    豊富な接続先

    主要なデータベースやアプリケーションはもちろん、大手クラウドサービスなど50種類以上の豊富なアダプタを用意

  • 大容量データを高速に

    大容量データを高速に

    データ抽出、変換、書き込みなどの工程を分解し実行することで処理効率をアップ。大容量データの高速処理を実現

EAIとしての活用例

基幹システムのバージョンアップを契機にNotesをkintoneに移行し、併せてハイブリッドクラウド・マルチクラウド環境に必要不可欠なデータ連携基盤を DataSpider Servista + Thunderbus で構築。kintoneと基幹システムのデータ連携の自動化を実現。

  • 導入効果① わずか4ヶ月で実装完了
  • 導入効果② 大容量データでも安定の処理能力
  • 導入効果③ クラウド ? オンプレ連携をセキュアに接続
EAIとしての活用例~レンタルシステム概略図~kintoneと基幹システムのデータ連携の自動化を実現。

※Thunderbus・・・クラウドとオンプレミスをサーバ認証や通信内容の暗号化、データ改ざんの検出などが行なわれるHTTPSプロトコルで接続。簡単にセキュアな通信環境を構築することができるアプレッソ社のツールです。

RPAとしての活用例

経理業務の自動化で働き方改革を推進。入金消込業務の効率化に加え、未回収報告書の自動作成や、自社支払明細のメール配信を DataSpider Servista で実現。

  • 導入効果① 実装まで2週間
  • 導入効果② 入金消込作業年間300時間削減
  • 導入効果③ 自社支払明細完全自動化を実現
RPAとしての活用例~入金消込業務の効率化に加え、未回収報告書の自動作成や、自社支払明細のメール配信を DataSpider Servista で実現。
日本電通株式会社

メールマガジン登録

メールマガジンを登録いただく際、「個人情報保護方針」を読んで同意される場合のみ、「同意して登録する」ボタンを押し、登録へお進みください。

個人情報保護方針はこちら

メルマガ登録
お問い合わせ

当ページ・製品に関するお問い合わせ

  • 担当窓口:ITソリューションズ事業部(担当:すが)
  • 電話番号:06-6577-4191
  • メール連絡:itsol_1@ndknet.co.jp
ページトップ