日本電通株式会社

ホーム > 通信設備エンジニアリング事業 > 溶射エンジニアリング

溶射エンジニアリング/ Thermal spraying

サービス概要

溶射は工法としては30年以上前から存在し、表面加工技術の一種として、金属・セラミックス・プラチックと極めて幅広い材料を対象に、高速で被覆できるコーティング技術として産業界で幅広く利用されてきました。従来よりの応用分野である防食・防錆、耐摩耗、肉盛り再生などの他に、最近では電磁気的用途や生体分野への応用なども展開されつつあります。

溶射によるコーティングの主な特徴

金属溶射とは
溶射線材を加熱し溶融し、その粒子を高圧エアーにて施工物に吹き付け、皮膜を形成する表面改質法。つまり塗装と同様に金属などの表面を保護する工法の一つです。

  • 液滴や粒子が皮膜生成の単位であるため、CVD(化学気相蒸着)やPVD等のコーティングプロセスに比べ、皮膜の生成が格段に速い。
  • 加熱により溶融もしくは軟化する材料ならば、ほとんどあらゆる材料の皮膜を生成できる。
  • 金属はもとより、プラスティックや紙など、ほとんどあらゆる材料に対してコーティング可能。
  • 溶射ガンや被覆対象物を動かすことにより、複雑形状や大面積の部材に適用可能。
  • 集塵機等で廃棄物が捕集可能であり、原則的には廃液や有毒ガス等の発生が無い。

溶射の応用事例

  • 自動車
  • 家電
  • 航空機(エンジン)
  • 船舶
  • 通信用鉄塔
  • LNG(天然ガス)貯蔵タンク
  • 高速道路の橋桁
  • 鋼橋
  • コンクリート鉄筋
  • 海洋構造物
  • ガードレール
  • その他多数
溶射の吹付け作業


溶射の優れた特性は以下のように様々な分野で利用可能です。

耐 食 化学プラント、鉄鋼構造物、海洋構造物
耐摩耗 ポンプのスリーブおよびシール部、水車の羽根、製紙ロール、印刷機給水ローラー、各種機械部品など多数
耐 熱 ガスタービンブレード、ジェットエンジン燃焼器内壁、ロケットエンジンノズル
絶 縁 電気部品
導電性 ヒーター
装 飾 家具、マンホール蓋
生体親和性 人工骨、人工股関節、人工歯根
その他 酸素センサー、固体電解質型燃料電池電解質など多数

溶射の作業工程

国土交通省・新技術情報提供システム(NETIS)に金属溶射(SIC工法)が掲載されました

お問い合わせ
Contact
お問い合わせ/資料請求