日本電通株式会社

ホーム > 通信設備エンジニアリング事業 > 太陽光エンジニアリング

太陽光エンジニアリング/ Solar

太陽光発電とは?

太陽光発電システムは、太陽の光を電流(直流)に変える「太陽電池モジュール」とそれを交流に交換する「パワーコンディショナー」などで構成されています。昼間時発電した電気が余った時には電力会社へ売電し、夜間時には電力会社から買電します。

太陽光発電の特徴

  • 火力発電や原子力発電と違い、太陽光を利用して電気が作れるので環境にやさしいです。
  • 皆さんの家庭や事業所が発電所になります。昼間の電気は買わずに済みますので、電気代が安くなります。
  • 自家発電で余った電気は電力会社に売ることが出来ます。
  • 36年間、まったく故障なく現在も稼動中の実績があります。耐久年数は40~50年だと言われています。
  • 日当たりの良い屋根に太陽電池モジュール取り付けますので、屋根を直射日光や風雨から守り、屋根の保護をします。
  • 断熱材の役割を果たし、太陽電池モジュールの下の部屋の温度が2~3度、夏は涼しく冬は暖かくなります。
  • 節電意識の向上につながります。
  • 自動運転なので面倒な操作をする事は一切ありません。
  • 災害等で停電しても、昼間であれば電気が使えます。

導入までの流れ

お客様に合った発電量を算出いたします。 発電量の予測には、ご自宅の場所や屋根形状、周りの環境なども影響いたします。
必要な発電量を設計するためには現地調査が欠かせません。

※上記 の流れは大まかな導入の流れです。また、導入期間など設置形状により工事などにより長くなったりします。
詳細をお聞きになりたい場合はお問合せくださいませ。

お問い合わせ
Contact
お問い合わせ/資料請求