日本電通株式会社

ホーム > 通信設備エンジニアリング事業 > CATV・防災エンジニアリング

CATV・防災エンジニアリング/ CATV・Disaster prevention

サービス概要

ブロードバンド時代を迎えた今、CATVはいわゆるトリプルプレー(デジタル多チャンネル放送・インターネット・IP電話)に地域情報の提供サービスを備え、地域コミュニティーづくりはもとよりライフラインとしての役割も大きくなってきています。また、双方向通信のサービスや高速大容量インフラの特性を生かしたサービスを加えることにより、防災・セキュリティ・福祉・地域医療・教育などあらゆる分野でその可能性が広がり、地域社会の生活そのものを豊かにしています。 当社は都市型CATV事業の企画・設計・施工及び保守に関する豊富な経験と高度な技術力を活かし、お客様に信頼されるCATVネットワークの構築を目指して取り組んでいます。

防災インフラ関連

  • コンサルテーション
  • 局内設備設計・構築
  • スタジオ設計・構築
  • 通信設備設計・構築
  • 伝送路設計・構築
  • 運用サポート・保守
  • コンテンツ作成(データ放送・インターネット・自主放送)
  • 電波受信点調査

防災インフラ関連
津波警報、緊急地震速報、土砂災害などの情報を光ファイバーを使用して屋外スピーカーに瞬時に放送するシステムや河川の監視カメラシステムを構築し、人々が安心して生活できる環境を常に提供しています。

施工事例

防災無線屋外スピーカー設置

お問い合わせ
Contact
お問い合わせ/資料請求