ホーム > 会社情報 > CSR > コンプライアンス
会社情報

コンプライアンス

日本電通では、コンプライアンス(法令等遵守)を経営の最重要課題と位置付け、2004年10月にコンプライアンス委員会を設置し、コンプライアンスマニュアルを制定致しました。またコンプライアンス研修を実施し、グループ全体での推進を図っています。さらに、内部通報制度として社内イントラネット上に情報Box、社外には顧問弁護士の相談窓口を設置しています。


遵守事項

  1. 取引先の安心・満足・信頼を旨とし、優れた技術により、高品質のサービスを誠実に提供します。
  2. 全ての取引先と対等・公正・透明な取引を行います。
  3. 社会から疑惑や不信を招くことがないように、透明度の高い、健全かつ正常な 関係を維持・確立します。
  4. 他人の権利・財産を尊重するとともに、当社の権利・財産の保護に努めます。
  5. 競合企業と積極的・効果的、かつ、公正な市場競争を行います。
  6. 株主の利益を念頭に、高い倫理観と責任感をもって、誠実に職務を遂行します。
  7. 長期的・継続的に企業価値を増大すべく、魅力ある企業を創生します。
  8. 会社経営状況・企業活動全般に正しくご理解いただけるよう、適時・適切・積極的に情報を開示します。
  9. お互いの人格・価値観を尊重し、健全な職場環境を維持します。
  10. 社会の発展がなければ企業の発展がありえないことを強く認識し、環境に配慮し社会ともに発展することを目指します。
  11. その他、事業活動においては法令・各種規則を遵守するとともに、公正・公平な業務遂行に努めます。

コンプライアンス体制

コンプライアンスの実践・強化のための重要な事項を審議するため、代表取締役社長を委員長とする『コンプライアンス委員会』を設置するとともに、外部の法律専門家による相談窓口を設置することにより、コンプライアンスの実効性の確保を図っています。
また、各事業部門・支社・支店には、当該部門のコンプライアンス責任者として『コンプライアンス・オフィサー』を任命し、遵守状況の報告と関係者への指導を行います。

コンプライアンス体制図
ページトップ